健康的にジョギングを続けるこつを知る

冬に健康的に睡眠をとるための工夫

冬の朝に目を覚ましたときにのどがいがらっぽいことがあるかもしれません。冬は空気が乾燥しています。その上寝ている間は水分補給をしません。いびきなどをかいてのどをフリーにしている状態だとのどが乾燥して痛くなることがあります。痛くなるだけならいいですが、炎症を起こしているならそこから風邪のウイルスが入り込むことがあるので注意しなければいけません。基本的には冬はどこでも乾燥が進んでいますから、何らかの措置が必要です。

最近は電気の力を使うことが多くなっています。使う道具として加湿器があります。機械に水を入れておくと水蒸気のような水分が部屋中に充満します。それによって部屋の乾燥を防ぎます。電気代はかかりますし、場合によっては湿気が多くで過ぎることがあります。また加湿器をきれいに掃除しておかないと逆に汚れを撒き散らすことになりかねません。

健康的に加湿をすることができる方法があります。それは洗濯物を部屋の中で干すことです。そのためにわざわざ夜に選択をする必要はありません。もし洗濯物がないなら濡れたタオルを何枚か干しておきます。一般的な寝室であればこれで十分加湿をすることができます。大量に水分が出すぎることはなく、電気も使わないエコな方法です。

Copyright (C)2017健康的にジョギングを続けるこつを知る.All rights reserved.