健康的にジョギングを続けるこつを知る

健康のために温泉を利用する

冬に旅行に行くときに選ぶことが多いのが温泉です。東京や大阪など都市部からも近い温泉が比較的多くあるので一泊だけでなく日帰りバスツアーで温泉に入りに行くようなこともあるようです。気になるのは温泉と普通のお風呂とでどのような違いがあるかです。温泉は温泉地に行かないと入ることができません。毎日利用するのは難しいです。お風呂なら毎日入ることができます。同じ効果なら毎日お風呂に入っていれば良いように感じます。

温泉と一般のお風呂の違いはお湯に含まれている成分になるでしょう。お風呂の水は水道水を使います。ミネラル分などはなく、通常の水と消毒のための塩素が入っている程度です。温泉は地中深くから湧き出してくるなかで微量のミネラル分を含んで出てきます。ナトリウム泉質の温泉は塩分の元のナトリウムが含まれてて保温効果が高いとされています。

お風呂に入ると体が温まりますが、一般のお風呂だと出ればすぐに冷えてしまいます。でも温泉ならしばらく温かい状態が持続されます。それが健康的になる理由の一つです。硫酸塩は肌から刺激を与えることで血行をよくしてくれます。炭酸泉と呼ばれる温泉は細かい泡がありそれによってマッサージ効果を得られることがあります。

Copyright (C)2017健康的にジョギングを続けるこつを知る.All rights reserved.